ネットで予約する

2019年8月のラテンミュージック公演予定はコチラ

2019.07.30

2019年8月のラテンミュージック公演予定はコチラ

●2019年8月の公演予定

<8月7日(水)>
La Tuna de Japôn(España)
100年以上前のスペイン民謡から最新曲までを陽気に演奏する、
スペインクラブでおなじみのLa Tuna(ラ・トゥナ)。
La Tunaとは13世紀にスペインの大学で始まった音楽グループのこと。
その伝統は中南米およびヨーロッパ諸国へと広まりました。
★Jorge Díaz/ギター&ヴォーカル
★David García/バンドウリヤ
★Miguel Á. Ibáñez/アコーディオン

<8月14日(水)>
Alexander LP & Puros Habanos(Cuba)
1492年のコロンブス発見によるスペイン植民地支配、アメリカ支配、
革命など様々な困難の歴史を辿ってきたキューバ共和国。
マンボ、チャチャチャ、ボレロ、ラテンジャズ、ルンバなど、
キューバ音楽はスペイン系とアフリカ系が融合し、
さらに様々な要素が加わり生まれてきました。
★Alexander LP/ギター&ヴォーカル
★Rolando SB/ヴァイオリン
★Papo Yañez/パーカッション

<8月21日(水)>
Luis Carlos Severich(Folclore Andino)
リーダーのルイス・カルロス・セベリッチは、
1979年アルゼンチンタンゴの巨匠・オズバルド・プグリエーセ楽団と共演し、
ゴールドディスク賞を受賞。1983年日本初のフォルクローレグループを結成。
ライブ、コンサート等で本物のフォルクローレを紹介。
スペイン語講座の他、TV・ラジオ・CMに数多く出演しています。
★Luis Carlos Severich/ギター&ヴォーカル
★Ricky Rodriguez/チャランゴ、ギタローン、コラス
★Willian Juli/ケーナ、サンポーニャ、ボンボ

<8月28日(水)>
SB PROJECT(Latín Jazz Trio)
コロンビア出身のギタリスト・セバスチャンと
東京出身のサックスプレイヤー・駿星によるアコースティックユニット。
ラウンジやパーティ演奏をはじめ、コラボレーション演奏など幅広く活躍。
ジプシージャズをベースに、RnB、Funk、Electricなど
様々なジャンルの音楽との融合に挑戦しています。
★Sebastian Buitrago Alzate/ギター
★SHUNSEI/サックス
★Junji Nishida/ギター

 

都合により出演者が変更になる場合もございます。

お問い合わせ・ご予約は月島スペインクラブ(TEL.03-3533-5381)まで

page top